千鳥ノブの実家は岡山県井原?歴史あるカヤの木と家族、嫁も気になる

人気お笑いコンビの千鳥ノブさん岡山弁でツッコミが絶妙な彼の人気ぶりは、実家岡山県井原の人達の誇りでもあるという。そんな実家には大事にしている歴史あるカヤの木がある。どんな木なのか、家族のこと、嫁さんのことも気になることを調べてみました。

 

千鳥ノブの実家、岡山県井原はどんなところ

引用 https://xn--38jva7g4mf3swb.xyz/chidori-nobu/

最近の千鳥ノブさんは朝ドラやあさイチでのピンチヒッターやCMとバラエティー番組以外での活躍もすごいですね!

そんな大好きな千鳥ノブさんの岡山県井原市芳井町の実家はどんなところか気になりますね。

千鳥ノブさんの実家!出身地は、岡山県と広島県との県境にある市で岡山県井原市芳井町だそうです。

岡山県井原市は総人口はおよそ4万人(2018年調べ)と少ないですがノブさんの実家は歴史のある家柄のようです。

由緒ある家系で本名は早川信行さん、ノブさんの実家を本家として周りには早川姓ばかり20軒あり皆さんご親戚で「株内」と呼ばれています。

都会では今は見られないご近所助け合いのお付き合いがあるそうです。

羨ましいですね。

なんか住みよさそうです。

何でも『有吉・福くんのお金発見 突撃!カネオくん』にゲストで出演した折り、番組内で実家の場所を聞き出されたようです。

また、NHK総合『ファミリーヒストリー』「お笑いコンビ千鳥・ノブ?カヤの木に守られて?」が放送されました。

よりノブさんの実家の歴史を知ることができました。



サラサラがずっと続く驚きの【AHCセンシティブ】

千鳥ノブの実家の歴史あるカヤの木とは

引用 https://kyoju.biodic.go.jp/?_action=gtcontents&_co.

千鳥ノブさんの実家には、立派な御神木カヤの木があり「早川のカヤ」と呼ばれ井原市天然記念物に指定されています。

樹齢450年のカヤの木は周囲4.35m、根元周り5.21m、高さ27mと雄大な姿に千鳥ノブさんの実家早川家の守り、御神木として崇められています。

早川家のカヤの木の根元には祠が祀られて一族の守り神となりシンボルとして一族が結束して、生活に溶け込み手を合わせてきた、素晴らしいカヤの木ですね。

千鳥ノブさんが芸人になるのを大反対した父親は、毎日我が子のことをカヤの木に手を合わせて祈り続けたそうです。

「できれば成功してくれりゃええがなと。この木と同じように、細く長くかわいがってもらえれば、それでいい」と勝治さん。

ノブは「親父があんなしてるのは知らなかった」と・・・

優しいいいお父さんですね。

御神木カヤの木の力

引用 https://xn--38jva7g4mf3swb.xyz/chidori-nobu/

ノブさんの父親は両親や親せきからカヤの木を大切にするように繰り返し言われてきました。

10年ほど前、建設工事がありカヤの木が工事のために邪魔になる枝を切り落とすことに、いつも手を合わせている木だから作業員達にお祓いし祈願を勧めたそうです。

しかし無視して枝を切る作業中に2人の作業員がけがをし、恐ろしがって退散していったそうです。

昔、火事でカヤの木が燃えて、もう枯れたダメかと思ったそうですが一族が消沈した半年後の春に若芽がでてきて、カヤの木の生命力の強さに神様を感じたそうです。

すごいですね!不思議な力を感じます。

やはり神様が宿っているんでしょうね。

天然記念物で井原市の早川のカヤの木と名が通っているので、ノブさんの実家すぐわかっちゃいますね。

スポンサーリンク

 

千鳥ノブさんの実家の家族は

引用 https://tr.twipple.jp/h/fa/c9/%23%E3%83%95%E3%82%A…

千鳥ノブさん、父親に大反対されていましたが、今では一族の誇りと親戚の方が話していました。

千鳥ノブさんの家族は父、勝治さん、母、千代子さんと兄2人、ノブさんは末っ子の5人家族です。

千鳥ノブの父・勝治さんと母・千代子さんは昭和47年お見合い結婚でした。

勝治さんの父親は山間の集落から嫁をもらえとなぜかというとよく歩いて体が丈夫だからだそうです。

見合い結婚の条件に農作業をさせないからと言ったそうですが新婚旅行から帰るとすぐ農作業を手伝い、当時養豚をしていたのでそれも一生懸命に手伝ったそうです。

そんな頑張り屋の千代子さんに長男が生まれた時おじいさんが中古の車を買ってくれてとても嬉しかったそうです。

ノブさんの実家の父・勝治さんは専務まで出世して定年退職後、市議会議員となり、地元の道路改良に尽力を尽くしデコボコの細い道をキレイに広く舗装した道路にしました。

今では、車も通れる立派な道路で地域の方々の生活道路と便利に使われているようです。

お父さんもすごい方ですね。

スポンサーリンク

千鳥ノブさんのプロフィールと嫁も気になる

 

千鳥ノブさんのプロフィール

引用 http://t2-workshop.com/13222.html

本名:早川信行(はやかわ のぶゆき)

生年月日:1979年12月30日

血液型:A型

身長 173cm

最終学歴 :岡山県立笠岡商業高等学校卒業

コンビ名 :千鳥

相方:大悟

千鳥ノブさんがお笑い芸人になるきっかけは、相方の大悟の誘いである。

2人は、岡山県立笠岡商業高等学校の同級生。

千鳥ノブさんが卒業後シャープ福山工場に入社して、サラリーマンをしていた。

大阪で芸人をしていた大悟はノブさんに相方として芸人に誘う。

お笑いコンビを結成し活動開始、しかしノブさんの父親は大反対だった!

でも、思い切ってお笑いコンビを組んで大成功をしました。才能があったのでしょうね。

相方の大悟は、ノブのツッコミは天才であることを周りの人たちに言われる。

岡山弁でツッコミを入れることで独特なおかしさが増し、さらに笑いが起こるのである。

千鳥ノブさんは、2015年2月岡山県の県のPR大使「おかやま晴れの国大使」に就任しました。

お笑い芸人の”千鳥”は地元愛を発揮して、楽しく地元をPRしてくれることでしょうね。

そんな千鳥ノブさんですが、災害復旧の手助けにと井原市に豪雨災害の復旧に役立て欲しいと義援金を贈ったそうです

なかなかできることではないですよね。

地元愛、素晴らしいです!

千鳥ノブさんのお嫁さんは?

引用 https://ta-see.com/9893

とてもきれいな方ですよ!

お嫁さんの名前は「ようこ」さん、なんか「むっちゃん」という愛称で呼ばれているようです。

2人が結婚したのは、2008年2月14日です。

同じ高校の同級生だったようこさんから高校1年の時にバレンタインチョコをもらったのがきっかけでお付き合いが始まったそうです。

2月14日バレンタインに結婚した2人、ノブさん高校1年の時にバレンタインチョコもらったのを忘れずに、記念日にしちゃうなんてステキですね。

2人の間には、子どもさんが2人おります。

長男 2010年9月生まれ 早川晴(はる)君

次男 2012年8月生まれ 早川和(かず)君

少年時代のノブさんは、どちらかというとおとなしかったそうですが、お二人のお子さんはどうなんでしょうね。

現在は家族と一緒に東京で暮らしているそうですが、単身赴任で上京して家族としばらく離ればなれな時期もあったそうです。

よかったですね!

家族は一緒に暮らすことが一番いいですものね。

(追記)

松本人志のすべらない話の中で、自分の子どもの将来を考えて将棋の藤井蒼汰さんの子どもの時どんな遊びをしていたかを参考にスウェーデンから知育玩具、木の積み木を取り寄せたそうです。

中身は14個しか入ってなくてそれでは足りなくてもう1セットスウェーデンに注文、1セット7万円なので14万円かかった話、あまり高くて驚いたこと、そして子どもに大きくなったら何いなりたいか聞くと「猫」になりたいと答えたので「もう、ガッカリしました」とノブさんの話が面白かったです。

他にも、スイミングとかプロミングも習い事をさせているとのこと、熱心に子育て頑張っているんですね。


「AHC」が今だけ☆お試し価格【AHCセンシティブ】

千鳥ノブの実家は岡山県井原?歴史あるカヤの木と家族、嫁も気になるのまとめ

ノブさん、朝ドラ100作目の「なつぞら」に十勝農業高校の教師役、太田繁吉先生で出演したり、博多華丸さんのピンチヒッターとして「あさイチ」に出演したりその人気は、うなぎのぼりですね。

NHKファミリーヒストリーでは、ノブさん歴史ある家系や大木「早川のカヤの木」芸人になるのを大反対したお父さんが毎日カヤの木に

「できれば成功してくれりゃええがなと・・・」と我が子(ノブさん)の成功を祈った姿は、ホントに胸をうたれました。

みんなに愛される原点が実家にあったんですね。

お笑いコンビ「千鳥」これからの益々のご活躍を期待しています。

スポンサーリンク

アイキャッチ画像 http://smile-note1211.com/archives/740