微小血管狭心症体験談その後、病院への通院!薬の飲み方と発作の時

微小血管狭心症になって、清風荘病院へ通院を始めてから1年8カ月、症状はとても落ち着き苦しい発作はほとんどありません。病院への通院はどのくらいの頻度で行くのか?つい飲み忘れてしまう薬の飲み方と発作の時の対処法を自分の微小血管狭心症体験談でお話しします。

微小血管狭心症体験談その後はどう?

時が立つのは早いですね。清風荘病院へ通院するようになって1年8カ月が経ちました。

他の微小血管狭心症にかかっている方の詳細は、わかりませんが私個人の体験でお話ししてます。

微小血管狭心症は、とても落ち付いていますが10月の台風でエリアメールが何度も鳴ったときは、その後喉を締め付けられるような苦しさが現れました。

ストレスを強く感じた時や2~3日寝不足が続いた時などに軽く出ることがあるのですが、今回の台風のエリアメールでは、心配と恐怖心が結構ストレスだったようですね。

12月に入り、寒さに慣れてないせいか軽い喉の締め付けを感じました。

普段から規則正しい生活を心がけなくてはと思うのですがほとんど症状が出ないのでつい忘れがちです。

4月からは、近所の集会所の卓球クラブに入り、一週間に一度2~3時間の卓球を楽しんでいます。

だから普段は健康な時と変わりませんが気を付けて生活するように心がけるようにしています。

先生から「死ぬような病気じゃないから」とは言われています。

微小血管狭心症・清風荘病院への通院はどのくらいの頻度で行くの?

引用 https://seifuso.or.jp/

清風荘病院は、埼玉県新座市なので自宅から高速道路を使って約2時間、先生に「近くに変えることもできますよ」と言われましたが

天野先生にかかっていたいのでもう少し頑張って通いたいと思います。

清風荘病院、天野先生の診察は2ヶ月に1度です。

2ヶ月に1度なので負担はあまりありません。

でもその2ヶ月がすごく早くやってきます。(笑)

診察が終わった後、次の診察の日にちを決めます。

天野恵子先生の診察日

引用 https://medical.jiji.com/doctor/2326

天野先生は毎日診察があるわけではありません。

でも完全予約制なので診察が終わって次の2ヶ月後の日にちをスタッフと決め予約します。

月曜日 休診
火曜日 午前、午後
水曜日 休診
木曜日 午前、午後
金曜日 午前(第234金曜)午後休診
土曜日 午前(第2土曜日)午後休診

完全予約制なので待ち時間が長いということはありません。

最近の予約

2019年8月27日(火)NHKの【プロフェッショナル 仕事の流儀】に出演した天野惠子先生

2019年9月以降、TV放映の影響で、問い合わせが殺到しており予約がお取りづらい状況ですのでご了承下さい。



初回モニター価格980円!【スーパーイソフラボン(エクオール)】1ヶ月お試しセット

微小血管狭心症の薬の飲み方と発作の時は

今まで毎日薬を服用するということがありませんでした。

それが毎日決まった時間に飲むようになり、はじめのうちは飲み忘れが結構ありました。

薬の飲み方

薬は2ヶ月分が出ます。

はじめのうちは院内で薬を出してもらってましたが、私は病院から遠く診察日に来られなかったり、無くした時などのために先生からの提案で自宅近くの調剤薬局(院外)に変えました。

微小血管狭心症の薬は、私は1日1回1錠服用しています。

朝、飲む方が多いそうですが、私は夜の安静時に出ることが多くて夕食後1錠飲んでいました。

途中で夜が落ち付いていて日中症状が出ることがあるので、朝食後に変えて頂きました。

薬は「ヘルベッサーRカプセル100mg」です。

小さなカプセルなので飲みやすい薬です。

飲み忘れたり、「今日飲んだっけかなぁ~?」と・・・カレンダーに印を付けたりしましたが忘れるんです。

そこで薬の錠剤の脇にマジックで日付を書き込むようにしました。

これだと飲み忘れをしなくなりました。

また、「今日のんだっけかな~」と錠剤を見るとすぐにわかります。

症状が強く出た発作時は

仕事ですごいストレスを受け、苦しい症状が出たことを診察時話すと発作時に飲む「とんぷく薬」を出してくださいました。

ワソラン錠40mgです。

「苦しい時はこの薬があるんだ」となんか安心します。

先生も診察時は2ヶ月の症状を「どう?」「強く出ることはない?」「薬はある?(とんぷく薬)」といろいろ聞いてくださいます。

微小血管狭心症体験談その後、病院への通院!薬の飲み方と発作の時のまとめ

微小血管狭心症のあくまでも私の体験をご紹介しました。

治療の方法などは、個人個人違うかもしれませんし、他の方の詳細等そういったことはわかりません。

少しでも微小血管狭心症の体験が誰かのためにお役に立ったら幸いです。

アイキャッチ画像 https://kikuna-yamayuri.com/cardiology/

スポンサーリンク